遺品整理 大阪市header-tel-s.gif

大阪 堺リサイクル館ウッディ買取センター(岸和田、八尾、高槻、枚方、東大阪、吹田、豊中、池田、寝屋川、箕面)



kaishuu_img.jpg

引越しや、リフォーム・建て替え、大掃除などに伴う不用品や粗大ごみの回収・処分のことなら是非ご相談ください。家電や家具はもちろん、雑貨、や工具、おもちゃなど、あらゆる不用品に対応可能です。
個人のお客様
ご家庭で出る不用品、粗大ごみ、買換えなどによるご不用になった物の回収・処分から引越し、遺品整理などによる家屋一件丸ごとの不用品の回収、処分まですべて対応致します。
▼取扱い回収・処分品目(個人)
■家電(AV機器など)
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、エアコン、パソコン、モニター、プリンター、オーディオ、スピーカー、プレイヤー、テレビ、FAX、
プリンター、ミシン
■家具
ソファー、ベッド、布団、レンジ台、食器棚、イス、机、タンス、ロッカー、本棚、物置
■大型・粗大ごみ
ピアノ、バイク、健康器具、カー用品、家財一式、スポーツ用品、バッテリー、PCモニタ
■その他
衣類、古本、自転車、コンロ、ガスコンロ、スポーツ用品、きもの、雑貨類、おもちゃ、粗大ごみ、ごみ屋敷整理

※遺品の整理、骨董品処分・買取リサイクル品の出張査定などご相談承ります。
hr
法人のお客様

オフィス、学校法人・専門学校で使用された大量のパソコン廃棄、パソコン処分、データ消去サービスから買取、回収のご相談承ります。(お見積もり無料)

店舗、オフィスの移転などに伴う不用品の回収・処分からビル全体の処分などの大型案件も承っております、是非全国不用品回収センターにご相談ください。飲食店などで使用されている大型機器にも対応致します。

▼取扱い回収・処分品目(法人)

引っ越しの時に、不用品処分をした経験から。

s-top_img.jpg

 不用品回収の業者をインターネットで探し、家に来ていただきました。
以下にリストを書き出します。

テレビ ・・・不可のため粗大ごみへ
照明  ・・・無料引取り
健康器具・・・無料引取り
ベッド ・・・不可のため粗大ごみへ
婚礼家具・・・不可のため粗大ごみへ

 ほぼ買取は、不可能でした、婚礼家具などは、絶対に困ると言われました。曰くつきと思われることも多いですし、最近はマンションにクローゼットがあるので、必要ないそうです。我が家も実際婚礼家具は、次の家に不要だったために処分しました。親には申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、置き場もないので仕方ないと割り切りました。テレビなども電波(アナログからデジタル以降だった)が変わるので、買い取り不可でした。
 テレビなどでは買い取りをしてもらう場面など放映されることがありますが、ほとんど買い取りはしてもらえませんでした。場合によってはお金を払った持って行ってもらうようになってしまうそうです。そこで、ただでも持って行ってもらえるものを業者にお願いし、業者に引き取ってもらうより、行政の大型の粗大ごみ回収の方がずっと安く済む物の場合は、行政のサービスを利用しました。しかし、行政の粗大ごみ回収は、回収日の予約が必要で、処分するためのシールをコンビニエンスストアなどで事前に購入しなけらばならないなど手間がかかります。
 そして、最大の難関は、処分したい荷物を自分たちで集積所に持っていかなければならないことです、大きなものだとそこまで運ぶのは至難の業になります。我が家は、主人と義父が運びました。女性の場合や、男手が足りない場合など、どうしても自分たちで搬出することが無理ならば、お金を払ってでも、やはり民間の回収業者に回収をお願いした方が良いでしょう。
 また、時間のある方は、回収業者を呼ぶ前に、ネットオークションなどに出品してみても良いかもしれません。この場合は、値段は欲張らず、1円から始めるのが良いと思います。ただし、落札者の方に送料の負担はお願いした方が良いと思われます。

■オフィス用品
デスク、スチール棚、応接セット、PC・コンピューター、サーバー、コピー機、ファックス機FAX、業務用機器、書庫 etc...
■店舗用品
冷凍・冷蔵庫、製氷機、ショーケース、オーブン、フライヤー、電子レンジ、スライサー、シンク etc…
平成23年の1月13日。

おばあちゃんの遺品整理から

 私の大好きなおばあちゃんがが亡くなりました。90歳です。65歳でおじいちゃんを病気でなくしてから1人でおじいちゃんと作った運送会社をおじいちゃんの意思をついで息子(母親の弟)とで切り盛りしてきました。かっこいい働くおばあちゃんで購入するものもなかなかの価格のものを買ってきたことは私もよく知っています。そんなおばあちゃんの遺品整理。
 京都に住んでいるおばあちゃんはなかなかおばあちゃんの実家がお金持ちで娘時代かた本家から土地を借りて家を建てて住んでいましたが1年たってお母さんの弟も家を持っていてこれを気に土地を返すことになりました。そこからが大変。初めは何もかも思い出があるし母親や母親の妹で遺品整理。
 服や貴金属のように運べるものはそれなりに片付けられても家具はそういうわけにいかず‥、運ぶことは運送業をしている母親の弟に頼めても置く場所がない現実。みんなそれぞれの家があってそれぞれの生活をしているとなるとどれほど高級なものでも必要ない現実。孫の私達ですら結婚して家庭をもっている子もいてるのでなんともならない。そうなると家具は全部粗大ゴミになってしまう。粗大ゴミをどうするかいろいろ探してもなかなかどうしていいかわからずに結局、親類の中で建築関係の仕事をしている人がいて産廃業者を紹介してもらって直接産廃業者と話しあって廃棄することが決まりました。
 うちのように建築関係の仕事をしている人がいると産廃業者という会社があって産廃も立米(重さ)で価格を出してもらったり出来ることを知っている人がいて廃棄処分についてはそれほどの苦労はありませんでした。でも、手に持って運べる物はいいけれどももてないものの整理がどれほど大変っていうこうは経験しないとわからないことだと思いました。

※その他 大阪、京都、奈良での遺品整理や家財処分、家屋の解体などに関するご相談から粗大ごみまでご相談ください。当ショップは遺品整理士の始動のもと様々なケースの相談に応じています。