遺品整理 大阪市header-tel-s.gif

大阪 堺リサイクル館ウッディ買取センター(岸和田、八尾、高槻、枚方、東大阪、吹田、豊中、池田、寝屋川、箕面)



神戸で働くWEB人のプロモーション日記


  • 大阪買取センターのリサイクルショップ出張買取り日記2016

2016年9月5日デザイナーズ家具ならカッシーナ!

 
 あなたはデザイナーズ家具に憧れた事はありませんか?オシャレなイメージがしますし、是非とも家に一つぐらいアクセントとして置いてみたいと思っている人はけっこういるのではないのでしょうか?しかし、デザイナーズ家具といっても様々なブランドが存在しています。そんな中で私がおすすめしたいデザイナーズ家具のブランドは「カッシーナ」です。
 カッシーナは1927年にイタリアのミラノ郊外のメダに設立されました。日本に入って来たのは1980年で店舗は東京の青山本店と名古屋・大阪・福岡の直営店と全国の百貨店、オンラインショップでも販売が展開されています。その完成度の高さと、デザインの美しさから多くの製品がニューヨークの近大美術館で展示もされています。
 主に2つのコレクションが展開されていて、20世紀初頭の巨匠建築家達の作品を復刻した「I Maestri」と現代を代表する建築家・デザイナーとのコラボである「Contemporary」、イタリアンデザインの伝統を重視した「simon」も最近では勢いがあります。正規の値段ではとてもじゃないけど手が出ないと思っている人でも、公式のオンラインショップではアウトレットも販売されています。
 あなたの家やオフィスにも洗練されたイタリアの文化を持ち込んではみませんか。
カッシーナ、イームズ、アルフレックス買取なら大阪デザイナーズ家具買取センターで

2016年5月3日 エアコンを使わない生活

現代の快適な生活を支えている製品の1つにエアコンが挙げられます。夏の暑い日も冬の寒い日も、エアコンがあれば快適に過ごすことができます。エアコンは気温によるストレスを限りなく軽減しているといえます。そんな優秀なエアコンですが、デメリットがないというわけではありません。デメリットの1つが、ヒートアイランド現象です。ヒートアイランド現象とは、都市部の気温が他の地域と比べ高くなることです。その原因として、エアコンが考えられているのです。エアコンの室外機から放出される空気は熱を持っています。暑い時間帯に集中的にエアコンを使用すると、熱い空気が一気に放出することになります。

ヒートアイランド現象を防ぐためには、暑い時間帯にエアコンの使用を控える必要があります。エアコン以外の暑さ対策というとまずは扇風機です。それほどの暑さでなければ、エアコンを使わずとも扇風機だけで耐えられます。どうしても扇風機だけでは耐えられそうになかったら、エアコンとの併用です。扇風機を使うことでエアコンの気温設定を高めにしても、涼しいと感じやすくなります。

次の暑さ対策は団扇です。少し暑いなと感じたときに団扇は効果的です。風の強さも自分で調節できますし、電力を使うこともありません。また、古典的な暑さ対策ですが、風鈴が挙げられます。風鈴の音色はどこか涼しげです。ヒートアイランド現象を防ぐために、たまにはエアコンに頼らない日を設定してみてはいかがでしょうか。

2016年1月15日 遺品整理はきっかけが必要

私の父がなくなった後、その実家にはしばらく母が一人で住んでいました。父の死が突然だったこともあり、母はなかなか遺品を整理・処分できずにいました。「次の月命日が来たら・・」「三回忌が来たら・・」と遺品と心の整理をするきっかけを探っていたのですが、結局は私と同居する引っ越しがそのきっかけとなりました。きっかけというより、整理せざるを得なくなったといえるかもしれません。遺品の整理や処分をするにあたり、一番感じたのは残された人にとって、かなりつらい作業だということです。遺品整理会社に手伝ってもらうことも考えましたが、思い出のあるものだからできるだけ自分達の手でやろうということになり、私達夫婦と弟、母との4人で片付けることにしました。方法としては、残しておくもの、一般のゴミに出すもの、お焚き上げに出すものに大きく分類しました。普通であれは、リサイクルという選択肢もあるのですが、遺品はそうはいきません。そのまま捨てるのは忍びないものは、お焚き上げをしてもらうことで私達の気持ちも楽になる部分がありました。遺品はこの方法で、整理することができました。今回は引っ越しを兼ねていたので、他の荷物の片付けも多く、こちらは持って行くもの、リサイクルするもの、ゴミに出すものに分けました、リサイクルでも買い取ってもらえない家具などの大型のゴミの処分には、地域のゴミ処分センターに回収してもらいました。ゴミの大きさに応じて代金分のシールを購入し、大型ごみに貼って不用品を回収してもらうというものなので、もちろん代金はかかりますが、自分で処分場に運んだり業者に頼むよりは、かなり費用を抑えることができました。我が家での遺品整理は、引っ越しがきっかけとなりましたが、節目の時、年末の大掃除の時、引っ越しのときなど、きっかけがないと整理に踏み切るのは難しいものだなと感じました。
遺品の整理、家財処分なら全国対応 遺品処分センター
大阪、堺の遺品整理はここから

2015年9月17日カメラレンズの買取について

電化製品が好きでよく家電量販店に行くことがあります
3年ほど前に家電量販店でオリンパスのミラーレス一眼を見てほしくなりました。その後、消費税増税という話しがあり、増税までに買おうと決意しました。そしてカメラについて色々調べるようになりました。
家電量販店にもよく通い、色々なメーカーさんのカメラを試し撮りをしたりもしました。
増税のタイミングが近づいてきてオリンパス、ニコン、ソニーの3社のカメラでどれにしようかというところまで絞りました。そして、ニコンの一眼レフに決めました。丁度、新しいモデルが出たタイミングで1つ前のモデルが安くなっていたのが、ニコンの一眼レフに決めた理由です。
ただ、それまで普通のデジカメしか触ったことがなかったので、購入してからしばらくは、よくわからず使いこなせずにいました。書店で一眼レフに関しての書籍を購入し、頑張って勉強しました。しかし、なかなか難しく未だに使いこなせていないと感じています。
休日に出かけるときは、カメラをもって出かけますが、少し一眼レフは大きかったかなと思うことはあります。はじめに良いと思ったオリンパスのミラーレス一眼は持ち運びやすい大きさで休日にちょっと出かけるときに持っていても違和感ないサイズだったので、そちらの方がよかったかなと感じることもあります。
ただ、テーマパークなどに出かける時は購入した一眼レフぐらい大きいサイズの方が目立ちますし、キャラクターもカメラに寄って来てくれたりするので、ありがたいです。将来的には、ミラーレス一眼も購入し、出かける場所、相手によって使い分けていきたいと思っています。
また、今使っているニコンの一眼レフもレンズをいろいろと買って使いこなしていきたいと思います。レンズもなかなかのお値段がするので、しっかり計画を立てて貯金していきたいです。
カメラ好きな方のブログを見ていると上手だなと思う写真がたくさんあります。同じカメラを使っているかたでもどうしてこんな風に撮れるのどろうと思えるような写真もたくさんあるので、自分がまだまだカメラを使いこなせていないのだと実感します。いろいろな本、ネットを使って勉強して自分もブログに沢山の素敵な写真が載せれるようになればいいなと思います。
最近では、レンズの部分だけであとはスマートフォンのアプリを使って撮影するようなものもあったりするので、これからの時代、カメラもどんどん進化していろいろな写真が撮れるようになってくるのではないかと思っています。
大阪全域のカメラレンズの買取は是非お任せ下さい

2015年8月15日 大阪リサイクルショップ出張買取

大阪リサイクルショップの出張買取
 リサイクルショップに出張買取を依頼しました。冷蔵庫を買い取りしていただいたのですが、思った以上の査定額と何より冷蔵庫という大きな家電を運ぶ手段のなかった私にとって大変ありがたいものでした。一人暮らしをするにあたり購入した冷蔵庫でしたが無駄に大きく、しかも料理などもほとんどしないので飲料水を入れておくだけの箱としてただただ部屋のスペースを大きく取っていました。そこでもっとコンパクトなサイズの冷蔵庫を購入することにしたのです。そこで問題になってくるのがこの大きな冷蔵庫。粗大ごみとして出すにはちょいとばかり惜しい気もする。しかも粗大ごみに出すにもいろいろと手続きが必要ですし、私が住んでいるアパートの場合、粗大ごみ置き場までの距離があり、もっていくのも一苦労。そんな時に郵便受けにチラシが入っていたのを思い出し、さっそく電話で確認をしてみました。もしかすると買取してもらえないかと心配しておりましたが、型番などを伝えると問題なく買取してもらえるようで、ホッとしました。その3日後に正式に買取を依頼し、無事あの大きな箱を処分することができました。しかもお金をいただけるなんて。本当にいいシステムです。

2015年6月18日 リサイクルショップ出張買取経験から

 リサイクルショップの家具の出張買取と家財整理(お客様アンケートから)
 実家で一人暮らしであった母が介護施設に入居しました。歩行がおぼつかなくなっても、トイレに自力で行ける間は私達が生活介助をし、お風呂はデイサービスで入れてもらって何とか自宅で生活できていましたが、車椅子が必要となり介護施設のお世話になる事になりました。レンタルしていた介護ベッドを返したのを機に、実家の家財と遺品整理をしました。父が亡くなり、その後、母が弱ったため、不用な家具や家電製品を物置となっている6畳の間に詰め込んでいたのです。
 父の衣服や趣味品をすべて引っ張り出し、袖を殆ど通していない衣服など、持参できるものはリサイクルショップに買い取ってもらいに行きました。しかし、父の物を整理した事で不用となった箪笥、食器棚、飾り棚、本箱、靴箱、ホームコタツなど、大きな家具や家電製品の処分に困りました。

たまたま、衣類を持参したリサイクルショップでは、出張買取もしてもらえる事を知り、お願いしました。

 8割ほどの家具家電を買い取ってもらえました。買取価格は知れていましたが、ゴミとして廃棄するのではなくエコに適った処分ができた事で満足です。不用な家具家電を間引いた事で、レイアウトもやり直してすっきりし、リハビリで歩けるようになって戻って来る母を迎えられるように、整理を完了しました。

2015年1月31日 電動工具かエアツールで迷う理由とは

新しい工具を買う時には電動工具かエアツールで迷うことが多く、特徴やかかる費用などを確かめて決める方法が望ましいです。工具を正しく決めるポイントは使いやすい種類を探すと効果的で、作業を効率化する方法を考えながら正しく決める方法が最適です。電動工具は大きさが大きく重いことが特徴でエアツールを選ぶ方法が便利ですが、初期費用がかかることやバッテリーなどが必要になるために迷うものです。作業を効率化することでかかる人件費などの経費を安くすることができ、工事にかかる費用を安くすることができます。電動工具は価格が高いため中古の工具を買うと効果的で、不要になった工具の買取を利用して資金とすると効果的です。工具を正しく選ぶためには企業の予算や使う目的を考えて決める方法が望ましく、作業を効率化できる方法を探すと便利です。
 電動工具は電動で動くため電気代などを節約する方法を考えることがポイントで、作業の効率化ができるように考えて決めると効果が高いです。工具は工事をするために重要であり、目的や予算を考えて最適な種類を選ぶ方法が最適です。電動工具かエアツールで迷う理由はそれぞれの工具の長所と短所があることであり、予算や目的を考えて最適な方法を選ぶことが大事です。

インパクトドライバーや電動ドリルの不用品買取は大阪電動工具買取センターで